ノートPCのデュアルディスプレイ化では上下配置がオススメ

ノートパソコンに外部ディスプレイを繋げて運用し始めました。
デュアル画面にしたことでパソコンで出来る幅が広がりましたし、複数の画面であることで同時に複数の作業をこなすことができるようになりました。

今回の記事では、ノートパソコンだからこそ外部ディスプレイを導入するべきだという個人的持論及び感想とデメリットについて、書いていきたいと思います。

デメリットが目に行く文章になっているので、結論をサラッと書かせていただくと、目的に合わせたディスプレイを選びましょう。



外部ディスプレイを使い始めた理由

自分が使っているパソコンは、≪Dell Inspiron 15.6型ゲーミングノートパソコン Core i7モデル≫を購入し使っています。

性能も良くどんな高負荷な状況下でもピンピンしてくれています。
残念ながらあまり負荷のかかるゲームを使わないので、非常に勿体ないのですが良い買い物をしたと思っています。

しかし弱点として15.6インチであるので、外では大画面ノートパソコンとして使用できるのですが、家の中ではベッドの上やリビングなどで使う以外は画面が小さくストレスを感じました。
特にストレスを感じたのが、新しい趣味としてプログラミングの勉強を始めたのですが、一つの画面にテキストエディタと電子書籍を同時に扱うには小さすぎるのです。

さらにはついでにSNSも確認できないので、それだったらもう一つの画面が欲しいよなという考えで外部ディスプレイを購入することにしました。



外部ディスプレイを導入


外部ディスプレイを導入したのですが、非常に楽になりました。

基本大きなディスプレイでブログ記事やSNSをやってもいいし、メインのノートパソコンにしても良い。
HDMI端子を抜いて別の場所で作業ができるので、デスクトップの方が性能が良いのですが小回りに優れて満足しています。

導入したディスプレイ


購入したディスプレイはAmazonのランキングでトップ3に入っていた≪BenQ 24インチワイド スタンダードモニター (Full HD/TNパネル/ブルーライト軽減) GL2460HM≫にしました。

ディスプレイの方式が違うので、色合いがノートパソコンと違いますので写真編集などはノートパソコンでやることになりました。

それ以外の点ではそこまで気にすることは個人的にありませんでした。


外部ディスプレイの接続方法



外部ディスプレイである≪BenQ 24インチワイド スタンダードモニター (Full HD/TNパネル/ブルーライト軽減) GL2460HM≫の後ろにHDMI接続部分があるので、そこに接続します。


そのまま自分が使用している≪Dell Inspiron 15.6型ゲーミングノートパソコン Core i7モデル≫に接続。
本体の後ろではなく、右側側面にHDMIを接続します。
すぐ横にUSB接続部分がありますが、便利と思ったことはないです。

また横にあるので配置しにくさを覚えました。

使用したのはAmazon製HDMI



使用したのは安くてランキング上位にいる、Amazon製HDMIです。
アマゾンベーシックの製品なので安いですし、使えれば良いという顧客層の意図を汲んだのか非常に質素なパッケージです。
このパッケージはサプリを購入した時に包まれていたので、完全に郵送用パッケージです。


キャッパもしっかり付いているのですが、結局のところ片方は接続したままなので、1個しか結局キャップを使うことはないです。



導入する前に考えられるメリットデメリット


メリットとしては、

  • 画面が大きくなったことによる見やすさ
  • 画面が増えたことによる作業効率のアップ
  • 目の疲れが抑えられ体調が良くなる

といったメリットがあります。

しかしデメリットとしては、

  • 購入した画面とノートパソコンの色の違いがある
  • 液晶の方式によって色や動作が違う
  • パソコンでやりたいことを考慮して買う必要がある
  • 場所の確保を考慮する

と配置や大きさに色合い等、自分が何をどうしたいかによってどう購入するかを決めなくてはいけません。



壁のように横に配置をしてみた


机で使える面積的にもそしてノートパソコンの画面の大きさを考えても、真横に置くのは非常に良くない結果となりました。
この24インチのディスプレイの半分を占める、IKEAのレタートレイが場所を圧迫してのことです。
タブレット台にも使えるIKEAのレタートレイを購入

特に配置ノートパソコンを含めて二画面を横まで使ってしまうと、机そのものの場所を奪ってしまいますし、体の向く方向が斜めになってしまいますので、非常に億劫な感じになってしまいます。

配置だけではなくこのモニターは、斜めで見ると端が若干黄ばんで見えるので気になりました。
安い液晶を買ったので仕方の無いことでもありますが、妙に気になるのでこの配置は個人的に失敗でした。

今回は置く場所が無いということもあり、壁のように置いたのですが机が大きい場合は、ノートパソコンの横に置くべきでしょう。
しかしTNパネル等ディスプレイの方式によっては、斜めから見る色合いが黄ばんだりするのではないかと考えられます。

ノートパソコンを上下配置をしてみた


最終的にこの配置に収まりました。

ノートパソコンを手前にディスプレイを後ろにすることで、問題になっていた机の占有面積と横から見た画面の色合いを解決。
さらに首や体の角度の面倒さも軽減できたので、仮にノートパソコンも同時に使うとなればこの配置が最適ではないかと考えています。

しかしデメリットとして、ペンタブで絵を描いたりノートを広げて勉強するには、ノートパソコンを移動させなくてはいけません。
その場合せっかくの2画面体制が台無しですし、ディスプレイによってはノートの方が色が良く、写真や画像編集がペンタブや教科書ノートなどを広げながら行うことができない問題点があります。

それだけではなく、画面の色合い的に考えてノートパソコンだけをメインする場合、後ろのディスプレイが邪魔で何もできない状況が起きたのは残念。

ノートパソコンの上下配置の設定の仕方



ノートパソコンの配置は、ディスプレイ設定でこのように配置すればマウスカーソルの移動もスムーズにできるでしょう。
1はメインであるノートパソコン、2は外部ディスプレイです。

ノートパソコンを閉じればデスクトップ化



またノートパソコンを閉じれば、デスクトップ化させることが可能になります。
できると言っても性能はノートパソコンなので、どんなに頑張ってもデスクトップには勝てないないのですが、自分はスペースがないので満足した運用形態の一つにしています。


電源設定のカバーを閉じた時の動作を何もしないにすれば、閉じても運用することができます。

Dell製品限定でバッテリー設定が可能



基本的に外部ディスプレイ接続で運用するということは、常にACアダプターと接続していることになります。
よってバッテリーに常に電気を供給していることになるのですが、DellのPowerManagerLiteの設定を変えることで、使用しているパソコンのバッテリー環境を調整および劣化具合を確認することができます。

元々適応になっているのですが、自分は基本的に家で外部ディスプレイに接続しているので「主にAC使用」にしています。
ただし持ち出す時は適応に変更しています。

ディスプレイの台は100均の発泡スチロール



ディスプレイの台が無いと後ろに置いても、ノートパソコンの画面で見えなかったのでダイソーで台を購入しました。
大体2種類合わせて約7センチの台ですので、10センチくらいあれば余裕が持てるのではないかと思います。
(ノートパソコンの大きさによりますが…)

ただ発泡スチロールの組み合わせなので、揺れなどを考慮した安定性や耐久性に不安を持っているので、近いうちに別の物に変更する予定です。
とりあえず自分の環境下では、7センチ以上の高さがあれば良いことだけ把握できたのはとても大きいです。

配置してみて思ったこと


実際に配置してみて気付いた点は、

  • 購入する場合は画質を特に気にする
  • 机の広さと画面の大きさをしっかり把握しよう
  • ノートパソコンのケーブルの配置確認
  • 何を目的に2画面をするのかを認識する
  • ケーブルは一緒に購入しても一緒に届かない場合がある
  • 台が必要なことも考慮する
この6点はノートパソコンで外部ディスプレイを使い、2画面運用をすることを想定した上ではとても重要な点だと思いました。
特に画面の方式は上でも挙げましたが、それぞれ利点があるので自分は何をしたいのかによって、方式込で選ぶべきです。
自分はとにかく安ければいいという考えで選び、失敗したと思いました(今では慣れて失敗とは思わなくなりました…)。

机の広さによっては今私が行っている縦配置になりますので、大きさも考えた方が良いでしょう。
しかし小さい画面ですとHDMIに対応していない画面もありますので気を付けてください。

スペース面ではノートパソコンは上下配置運用が便利

色々と画面の配置を変えてみたのですが、結局の所ノートパソコンにおいては、上下配置運用が最強ではないかという結論になりました。
首を左右に動かすよりも上下に動かした方が楽ですし、画面を左右に配置するスペースよりも楽です。
またキーボードはノートパソコンに頼れるのも強みだと思いました。

しかしデメリットとしては上でも挙げましたが、ペンタブを扱う時に机のど真ん中にノートパソコンがあるので非常に不便です。
またノートパソコンを閉じて外部ディスプレイ化させると、どうしても新たなキーボードを購入しなくてはいけないので、出費を抑えたい人には厳しいでしょう。

自分はキーボードを購入し、上下配置のデュアルディスプレイとシングルディスプレイによる、ノートパソコンのデスクトップ化を両立させ、好きな場面で使い分けています。

おわりに


自分は最近プログラムの勉強をし始めました。
参考書籍を電子書籍で購入したので、ノートパソコンでのエディタと書籍同時運用に限界を感じ、ディスプレイの購入を検討しました。

ついでに写真編集とかできれば良いかなと思い、何も考えずに購入したので色合いの違いに戸惑う部分が出てきました。
しかし最初に挙げた通り、電子書籍を読みたいという点であるならばそこまで痛くないという判断でき、様々な使い方や考えが浮かぶようになりました。

ただ今でも物凄く迷っているのが、Dellのゲーミングパソコンを使っているので画面もDell一式にするべきだったという点です。
ブランドで一つに揃えるというのは、外部機器を選ぶ点で簡単だから等ではなく心のどこかに余裕が生まれるからだということを、今回の外部ディスプレイを導入してから学びました。

それとIKEAで購入したデスクパッドが意外としっくりしました。
コスパに優れた【IKEAのデスクパッド】を購入

追記:2017/3/23
新しいノートパソコンスタンドを購入したことにより、設置場所が変わりました。
今までは上下でしたが、今回はまた左右に戻ることになりました。

左右も便利な反面、上下の便利さには適わないので一長一短だと感じました。

このタイプだと便利で使いやすいのですが、ノートパソコンを常時開きキーボードを使わないので、埃がいつも以上に溜まりやすいので、エアダスター等で定期的に掃除しています。


アルミ製で360度動くノートパソコンスタンド≪Citrus junos≫をレビュー



当記事の文章および画像の編集転載引用は禁止です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿