ノートや本を一つにまとめられる、ベルトタイプのブックバンド ≪アジャスタブルブックバンド スリム≫を購入

ベルトタイプのブックバンド ≪アジャスタブルブックバンド スリム≫を購入しました。
伊東屋を巡っている時に目に付いたので、物は試しにと取ってみました。
ブックバンドは使ったことが無かったですし、調べてみると使っている人は一定数いるようですが、見かけたことは無くノートを久しぶりに買い始めたこともあり、せっかくなので使ってみようと思い立ちました。






アジャスタブルブックバンドスリム


裏面は袋から見ても分かる通り結構しっかりしています。
開封してみると分かるのですが、綺麗な作りをしています。
ベルトが名前の通りアジャスター式になっているのですが、しっかりしていて開封時は結構安心できました。

安かったので意外とチープなのではと不安に思っていたのですが、しっかりしていますしゴムではあるのですが使っていてすぐに伸びきらない感じが出ています。

実際に使ってみる

 実際に使ってみると複数の大きさのノートも一応束ねることができます。
ただ写真にある細い特殊ノートで幅のあるノートよりも、ページ数があるまたは分厚いノートの場合はズレてノートが綺麗に束ねることができませんでした。

手前のコントレイルノートでしたら束ねる事が出来ましたし。
大きい方に紐が調整されているので、何だかんだで頑張ってくれるこのブックバンドはしっかりしていると個人的に思いました。

ベルト部分

ベルト部分はきっちりできますが、しなくても大丈夫な作りになっています。
また今の所金具でノートの表面に傷が付いていませんし、そもそもそこまで締めなくてもゴムバンドの材質的にバンドが滑り止めとなってくれいるようで、あまり気にすることは無かったです。

しかし使い始めは一回解いた後にもう一度締め直す時にどちらが表か分からなくなってしまうので、使う前に何度か試してみることをオススメします。
試さないで使い急いでるのに使えないとなると、今後このバンドを使わなくなってしまう可能性もあり、購入した意味が無くなってしまいます。

ノートが乱雑にならない

使っていて良いと思った点はノートが乱雑にならないという点でした。
特にトートバックに入れているとノートが乱雑な状況になっていましたので非常に助かりました。

また一つにまとめられるので、様々なノート小さなノートを多用するようになり助かっています。
さっと取り出せるメモ帳ではなく他の用途で使っているノートの場合ですと、机の上で広げる事が多いので一つにまとめることがとても収納的に見て助かりました。

カバン内で使用した時の写真が掲載されている記事です。
⇒【ノートや本を一つにまとめられる、ベルトタイプのブックバンド ≪アジャスタブルブックバンド スリム≫を購入

おわりに


今回購入したのは小さいノート用のスリムで。使用できる大きさはA5タイプまでです。
ワイド版もあるのですがただバンドの幅が広がっただけで、使用範囲が広がるわけではないです。
分厚いノートを使ったとしてもゴム製バンドで伸びるので、ある程度の厚さに対応できるでしょう。

メリットとしては、

  • 一つにまとめられる
  • ゴムバンドなのである程度の厚さに対応できる
  • ノートが開いてぐしゃぐしゃになるということはない
  • ベルト式なので締めるのが楽

デメリットは、

  • 表裏を初めのうちに理解しておく
  • A5までしか利用できない
  • 複数のノートや本を利用することが前提

となっており、どのように使うかあらかじめ考えておかないと厳しい商品だと思います。
ノートがぐしゃぐしゃにならないと言っても、表紙を守ることができないので、ノートや本を守りたいのでしたら、カバーを購入することをオススメします。
ノートカバーですとゴムバンドも付いているので安心して使えます。

使用用途が限られる商品ですが、ノートや本を複数持ち運ぶ人にはとても便利なブックバンドでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




0 件のコメント :

コメントを投稿