出先でも使える便利なノート、コントレイルストリートジャーナルを購入

 伊東屋から出ているノート、コントレイルストリートジャーナルを購入しました。
このノートは一般的なメモに使うようなノートとは違い、かなりコンパクトな大きさになっています。
細長いのでジャケットの内胸ポケットやズボンによりますが尻ポケットにも入ります。
このような大きさのノートは意外と売られていないので、かなり希少な分類に入りと思われます。



全体的に小さい


全体図はこのようになっています。
表面はとてもシンプルで、タイトルの下は自分で追記できるような作りになっています。
これはどのノートにも当てはまると言えば当てはまるのですが、以前購入したA5のノートストロベリーでは表紙的にネームペンでしか書けませんでした。
⇒【カットオフタイプの分厚いノート、ワールドクリエイティブのA5ノート ストロベリーを購入
82x148mmの大きさでラミーの万年筆と同じ高さです。
幅はA6ですが高さはA6とA7の中間の大きさです、いわゆる特殊サイズノートに分類されます。
特殊サイズノートですので、カバーを使う際は前もって確認すると良いでしょう。
iPhone6サイズよりも一回り大きいサイズなので、外出時には程よい手に馴染む大きさです。
少し大きめのスマートフォンを持っていると思っていただけると良いでしょう。

糸綴じ


糸綴じは乱雑に見えますがしっかりとした作りになっており工夫もされています。
また伊東屋で確認をしたのですが、この糸綴じは個体差がかなりあり、糸綴じが自分が持つタイプのように先端が飛び出ているタイプがあったりと様々でした。

またこの工夫というのは、360度返しやすい構造になっている点です。
ノート名の通り外出時にさっと使いやすいようになっています。
立ち話や電車内などでふと思った事や、聞いた事をメモするのに向いています。
しっかりと広げることが出来るようになっているのが、糸綴じタイプの特徴ですしこれが商品の大きな武器であるようです。

ノートの大きさ的に広げてもそこまで大きくならないので、喫茶店などに行って休憩しても場所を取らずに書けるのもポイントでしょう。
メインのメモ帳がB6ですが使い終わったらこちらをもう一つ購入し、こちらにしようかと考えています。

方眼紙な点が良い


このノートは方眼紙になっています。
方眼紙と言ってもマス目が正方形では無く、エクセルのように長方形になっています。
このタイプの便利な点としては、正方形よりも適当に書いてもそっぽく文字が整えられること、そして意識せずに色んなことを書くことが出来る点でしょう。



おわりに


このノートは小さくそしてどのようなスタイルでも書けるという点でしょう。
今自分はリストノートとして使用していますが、万年筆のインクは滲まないので非常にしっかりとした紙が使われていますし、引っ掛かりを感じる事はありませんでした。


しかしデメリットとして、特殊ノートである点が挙げられます。
サイズが小さいなら大きなノートを買えば良いのですが、こちらの場合は特殊サイズノートであるので、仮に自分が使っているノートカバーや鞄のポケットが入らないということが考えられます。
小さいので大きめのポケットなら良いのですが、ギリギリの大きさで使っている方からすると非常に難しいと思います。

また360度ノートを返すことができると言っても、リングノートのように自由度は無いです。
しかしこのサイズのリングノートは基本的に見受けられないので、自分の環境下で一番現実的なリングノートの代わりにもなるノートとして運用しています。

無造作に使っても大丈夫なこのノートは、自分としては非常にありがたいことです。
メインで使っているメモ帳もそうですが、ボロボロになっても大丈夫どころか味が出るノートというのは少ないです。
また細長いノートというのは案外そこまで売られている物ではないので、このサイズのノートは小さく雑に扱えるものではありますが、所有感を満たしてくれるありがたいノートです。
今後もドンドン購入していこうと思います。


スポンサーリンク

スポンサーリンク




0 件のコメント :

コメントを投稿