ノートを二冊収納できるキングジムのノートカバー、ファブルのレビュー

ノートを二冊収納できるキングジムのノートカバーファブルを手に入れました。

元々この手のカバーは今まで使ったことが無かったのですが、綺麗なノートであるナヌークを購入してしまい、大事に使おうと考えた時にフォロワーさんからノートカバーの良さを知り購入しました。
⇒【職人による手作りのノート、ナヌークを購入



レザー製の物やコクヨのを購入するか悩んだのですが、デザインとナヌークの大きさが特殊だったこともあるのと色合いや多機能性とシンプルさが気に入り、ノートカバーファブルを購入しました。
値段は1400円程なのですが、秋葉原ヨドバシカメラ側のミスで値段のラベルの張り間違い(そもそも文具とは関係ない物だったそうです)もあるのと、当時この色しか店頭には無かったこともあり購入しました。



ショットノートが付いてくる


購入するとショットノートが付いてきます。
このショットノートは専用のカメラアプリで撮ると、evernoteと連携するという優れものなのですが、evernoteユーザーであるのですが、手書きのために購入したこともあって可哀想ですが使うことは今の所無さそうです。



カバー全体


左右にノートの表紙を挟むことで二冊まで使えます。
また上の切れ込みから挟むことでメモパットやレポート用紙も使うことができるます。
メモパットなどはあまり使わないのですが、いつかは使ってみたいと思っています。
またこのノート最大の特徴が挟んで使えるクリアファイルが付属していることです。
これを使うことでメモやコピー用紙を入れたりすることができます。
自分はこれに付箋などを余分に貼って使っていたり、外で封筒を使うことがある場合やハガキを挟んでいます。

外見


カバーは布製なので肌触りが良いだけではなく、色も様々ありデザイン的にも持つという点においても優れていると感じています。
しかし布製で色が水色であることもあり、使っていくうちに汚れが目立って来ているのが難点ですがそれを味と捉えていますので気にしていません。

また布製であることもあるのですぐにタバコの臭いが染みつくのが厄介でした。
レザー製だと若干臭いが付きにくいのと、汚れが目立ちにくいので(布製でも黒色など濃い色)、その点が苦手な場合は他のノートカバーにするのもありでしょう。



挟んだ状態


ノートに挟んだ状態です。
ナヌークのように若干表紙が分厚いタイプでも問題なく運用できます。
またノートだけではなくそこそこ薄い物でしたらなんでも挟めるのは便利だったりします。
しかし付箋クラスの分厚いものを入れると、挟んでいる方では書きにくいという弊害があります。

おわりに

大切なノートを汚さずに使えるだけではなく、様々な物を同時に運用し書類などを挟めるとても便利なノートカバーファブルですが、デメリットもあります。
  • ノート二冊を同時に使うと反対のノート側が書きにくい
  • 分厚い物をランダムに挟むと書きにくくなる
  • ゴムバンドなので寿命が怖い
特に二冊以上扱うと書きにくさがダントツで変わってしまいますので、二冊同時運用するのでしたら、1回しか試していませんが個人的にメモパットをお勧めです。

多機能ですので一つのファイルにまとめられることはとても大きいので、まだ購入したばかりですが様々な使い方を模索していきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿