カットオフタイプの分厚いノート、ワールドクリエイティブのA5ノート ストロベリーを購入


ワールドクリエイティブのボーダーA5ノート ストロベリーを購入しました。
ネットで調べてみた限り通販で買えるのは、ヨドバシカメラだけのようです。


このノートの特徴としてはA5ノートで単行本ほどの厚み(100ページある)に、切れ線があり一枚一枚切れる(カットオフノート)という優れものです。
1枚切れるという点に関しては、コクヨのキャンパスノートが有名ですがこちらはページ数がありデザインも紙質も異なっています。




デザイン



表面は良くあるノートで厚紙ですが、表紙に折れ線があるので使用しやすいようになっています。
またデザインが特に気に入っており分厚さ大きさデザインや色合いが、ここまで海外の学生臭さがあるノートはヨドバシカメラでは買えないと思い手に取りました。

ノートの中身



方眼ノートになっているので、無地ノートには負けますが自由度はとても高いです。
また切り取り線があるので、ノートに書いたものを切り取りたい時に使えるので、ノートだけではなくメモ用紙としても使うことができます。

方眼なので図が描きやすいのはメリットだと考えています。

方眼が正方形では無く長方形でエクセルのようなノートであるコントレイルというノートも購入しました。
⇒【出先でも使える便利なノート、コントレイルストリートジャーナルを購入

使いにくい点が目立つ



最初の1ページ目あたりは普通に使えるのですが、このノートの一番の売りである切り取り線があることでとても書きにくいという点です。


普通に使っていてもこのような状態になるので、次のページに移る時に根本側が折れてしまい、書きにくいだけではなく勝手に上がりそのまま紙がめくれてしまうのが、絶妙に使いにくいです。


また反対側を使っているうちに折れ線部分の折り目が切れていき、知らずに使っていくとそのページがノートと分離しかける状態になります。

ノートを綺麗に切る事ができ、そのままメモ用紙や他に移したり貼ることができるメリットはありますが、使っていくうちにこのような状態になるのは少し残念です。

おわりに

このノートはアイデアノートとして使っています。
やりたいことや自分のアイデアをこのノートにまとめており、もし使い終わったりいらなくなったら、ページを切って使えるのではないかということと、デザインが良いし分厚いので個人的にとても楽しく書けるため選びました。

このノートを大事に使いたいので持ち歩く時は、ブックバンドで巻いて使っています。

ドキュメントケースにも入れて持ち歩いています。
どのように使われているのか以下の記事で分かるのでご確認ください。

デザインやどのように運用するかを考えて購入したのでデメリットはさほど考えていませんが、何も考えずに買うとデメリット部分でストレスを感じる可能性があります。

デザイン性と機能性を重視して厳しい所を考えずに運用するノートだと感じました。
したがってカットオフノートを純粋に使いたいのであるならば、個人的にはコクヨのカットオフノートを購入することをオススメします。
大きさも種類もありますし、切れてしまうので実験ノートには向きませんが授業ノートや家計簿などには向くのではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿