【冬コミ91】コミックマーケット91戦利品

冬のコミックマーケット(C91)に一般参加してきました。
今回の冬コミは全日程参加しました。
咲関係は、この記事を参考に回ってきました。

特に評論関係は少ししか手に入れていません。
一気に回っても良かったのですが、部屋が同人誌だらけとなってしまってるので、今回はなるべく抑える方針に変更しました。




一日目



咲-Saki-関係は二冊購入しました。
一つは2016年SHT秋で買い逃した本と今回の新刊であり総集編でもある咲本です。

またゲームに関しては、一つ配っていたのと前回の冬コミで気になったドイツの方が作成したゲームです。
前回の冬コミで非常に面白いゲームだったので、そのまま購入へ。
夏コミも手に入れることができたら嬉しいです。

二日目



二日目は基本的に咲-Saki-メインです。
前回の引き続きサークル数的には基本的に変わらないのですが、新しくできた東7が咲-Saki-島だったので新鮮な気持ちで回ることができました。
人の流れ的に東8筆頭に他の館から流れてくる人が多かったこともあり、大きな通路の割には人の流れで狭く感じました。

三日目



三日目は咲-Saki-メインと評論でした。
評論でまさかのタコスブレイズ本が手に入るとは思わなくて衝撃的でした。

またフランスの方が描かれた同人誌も購入できたので個人的には、今までよりも少ない中で良い本を見つけられたなと思いました。

コミケ後体調が優れなく残念な結果に

夏コミ後もそうだったのですが、今回は三日目終了後から一気に疲れてしまいました。
2016年のコミケ後の体調が優れなかったので、2017年のコミケはしっかりと体調を整えたいと思いました。

また自分はかかっていないのですが、友人が二日目だけの企業参加でインフルエンザに罹ったので、いつもはしっかりしていますが、次回の冬コミからはより一層頑張っていきたいと思います。

おわりに

冬コミ(C91)では、三日目以外は始発ではなく適当な時間で会場に向かいました。
一日目と二日目は綺麗にサークルやジャンルが分散してくれたおかげなのか、そこまで酷い状態にはならずに済みました。

しかし三日目は大手サークル等が東7に集まっていたこともあり、開場前の時点でシャッター前は満杯になっていたみたいです。
さらに東7から出るだけでも精一杯で大変でした。

途中列同士が合流したり人の流れをせき止めたりと、二日三日目とは雰囲気が全然違く驚きました。
初の東7なので次の夏コミのC92では改善されているでしょうし、自分も今後のコミケに関して勉強になりました。

2016年に一般参加した即売会のまとめ感想記事です。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿